1967年に漫画の連載が開始され、2017年で原作誕生50周年を迎えた、モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』。1971年に初めてテレビアニメ化され、1978年には劇場用長編アニメも上映。その後もシリーズは続き、2015年には30年ぶりにTVアニメシリーズが放送されるなど、長期にわたって子供から大人まで愛され続ける国民的アニメへと成長を遂げました。そんな日本で一番有名で、愛すべき大泥棒が2018年4月、「ルパン三世 PART5」として、テレビアニメに帰ってきますさらに、2018年1月19日(金)よる9時から「金曜ロードSHOW!」にて放送の映画『ルパン三世 カリオストロの城』で「ルパン三世 PART5」の一部本編映像が初披露されます

part5新ビジュアル
      ▲ルパン三世PART5 新ビジュアル
      原作:モンキー・パンチ TMS・NTV

物語の舞台は現代のデジタル社会。ルパン三世と世界的大泥棒のアルセーヌ・ルパンのルーツでもあるフランスを舞台に、ルパンたちの活躍を描きますクラシックカーに乗り、ワルサーP38のような旧式の拳銃を使うルパンはそのままに、新シリーズではインターネットやモバイル端末などデジタルガジェットを駆使し、どのように敵に立ち向かうのかこれまでにない展開にご期待ください

【作品概要】
原作:モンキー・パンチ
監督:矢野雄一郎
シリーズ構成:大河内一楼 
キャラクターデザイン:横堀久雄
音楽:大野雄二
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作:ルパン三世PART5製作委員会

公式サイト:lupin-pt5.com 
公式Twitter:https://twitter.com/Lupin_Pt5

原作:モンキー・パンチ TMS・NTV