テレコム・アニメーションが運営する現役アニメーターによるインターネットを通じた会員制アニメーター養成講座「アニメ塾EX」が、去る2月より受講内容をリニューアル
“即戦力”への扉を開く、
最新アプリケーション&カリキュラムの採用で、ちょっと凄いことになりそうですっ
…というわけで、リニューアルの詳細に迫ってみました。

●受講用アプリケーションの変更
アニメ塾EXは、開講時からデジタル作画のアプリケーション『RETAS! PRO PencilMan School』を使用して来ましたが、今回のリニューアルにより、複数のアニメーション会社で実際の業務に使用されている作画アプリケーション『RETAS! PRO STYLOS HD』を使用しての受講内容に変更しました。
『STYLOS HD』は、アニメーションの制作現場で普及が進んできているアプリケーションです。今回の変更により、学ぶ事と仕事をする事が直結し、精度の高い作画を要求されるプロの現場に即戦力として対応出来るようになります。

●アニメーション基礎教本がボリュームアップ
アニメーション教本が全160ページのボリュームで新しくなりました。アニメの制作工程から、各工程の業務内容、作画の基礎、動きのサンプルになる『ポーズ集』、アニメ用語集など、充実した内容でお届けします。

●原画を練習する課題を追加
課題が再構成されました。今回は、従来の動画の学習に加え、原画を自分で構築する課題を新たに追加。アニメーターとしての幅広い技術を身に付けることが出来ます。

というわけで、くわしくは↓(クリックしてください)
アニメ塾EX